NO NAME

話題の音楽ネタやこれから活躍するであろうアーティストなどを中心に紹介や考察を行っていくブログ

繰り返す頭皮ニキビでハゲになった僕が全て改善した3つの方法!

頭皮に違和感があり、触ってみるとしこりのような物が、、頭皮ニキビ
に気づいた!そのような経験はありませんか?
痛い上になかなか治らないことからとても悩ましい頭皮ニキビですが、間違ったケアや頭皮ニキビができてしまった時の正しい処置を行わなければ悪化したり再発してしまうこともあるのです。

ある日のことです。自宅の洗面台にて洗髪していたとき母の「ちょっとアンタ、頭皮ニキビの周りがハゲてるわよ。」との強烈な一言にてそれは発覚しました。10円ハゲ程度ですがハゲていたのです。

そこで当記事では、頭皮ニキビの間違ったケアによりハゲてしまった僕が全て解決した3つの方法を紹介していきます!


皮膚科で医者に聞いた頭皮ニキビでハゲる原因

ハゲ発覚当日、風邪を拗らせていたため病院に行く予定でしたが風邪を引いているのも忘れ 急遽、皮膚科にて頭皮ニキビを診てもらうことにしました。

f:id:f7777777:20190221230222j:plain
こちらがハゲ発覚時の写真です。


皮膚科医に聞いた頭皮ニキビによってハゲる理由は以下のようになります。

1.頭皮ニキビの炎症によって付近の髪の成長を妨げる

2.頭皮ニキビを潰したり触ることによる間違ったケア

この二つが挙げられ、二つ目が僕が直接的に僕がハゲた原因となります。

頭皮ニキビがあるのにも関わらず構わず一般的な市販のシャンプーやリンスを使うことにより改善が見られず頭皮環境が悪く結果としてハゲてしまったのです。

改善するためにはシャンプーやリンスなどを頭皮トラブルに適した低刺激の物に変更し炎症を抑えるとともに抜けてしまった髪をどのように発毛させて行くのかと言うのが大切になります。

改善した3つの方法

顔などに現れるニキビにも共通するのですが改善するためには「食事、睡眠、運動」などのような規則正しい生活を送ることが基本的な改善の糸口となるわけですが、ハゲている当の本人としてはハゲが一刻も早く改善してほしいためそんな悠長なことは言って入れらません。求めているのは一刻も早く抜けてしまった箇所の髪の毛が生えてほしいと言うことです。

1,育毛や発毛促進に特化したシャンプーに変更した
頭皮ニキビによるハゲ改善のための育毛シャンプーを選ぶに「適度な洗浄力」と「低刺激な成分配合」に着目することが大切です。育毛シャンプーは薄毛の進行予防、頭皮トラブルの改善に役立つのです。それに伴い、育毛シャンプーによって頭皮が健康な状態に保たれると、毛が生えやすく伸びやすくなるのです。

僕が実際に使って頭皮ニキビも改善しハゲていた箇所の髪の毛も元通り生えたシャンプーがこちらになります。

>>アデランスのへアリプロ

実際に使用した特徴としては男性用スカルプ系の独特のキシキシとした感じや頭皮の油分を取られすぎて乾燥してしまうといったことが無く、非常に使用しやすかったです。
泡立ちもよく整髪料などもいとも簡単に落とすことができたのにも驚きました。

今ならへアリプロ育毛トライアルセットが50%オフということもあってお買い得です。このアデランスのへアリプロを使用してから頭皮ニキビによるハゲの改善に非常に役立ったことを実感しました。頭皮ニキビによるハゲに悩む方はオススメです!


2.育毛剤を使用した
頭皮ニキビの炎症によって失われた髪の毛の手っ取り早く再生させるためには頭皮に直接アプローチすべきだと考えこちらの育毛剤を使用しました。頭皮ケア用のスカルプシャンプーで頭皮環境を清潔な状態に保ったら今度はハゲに育毛剤を塗布するのです。

>>バイタルウェーブススカルプローション

バイタルウェーブスカルプローションは、医学博士の永野先生がプロデューサーとなり開発された育毛美容液となっていてなおかつ圧倒的にコストパフォーマンスが良いことや、副作用などのリスクもないため、
発毛・育毛の土台となる頭皮環境を健やかにしたいという人は、
アデランスのへアリプロバイタルウェーブススカルプローション併用することをおすすめします。

3.サプリメントで内側からもケアした
発毛促進の第一歩として外側からのケアの他に髪の育毛に必要な栄養素を多く摂取する必要があるのです。日頃の食生活で全て補うというのはなかなか難しいので、そこで有効なのが髪の育毛に特化したサプリメントを用いるということです。
>>ご購入はこちらから

まとめ

僕が頭皮ニキビでできてしまったハゲを改善するために行ったことを紹介させていただきました。日頃から頭皮環境を健やかに保つことは頭皮ニキビの予防にもなりますし、その他の頭皮トラブルの要因を打ち消します。したがって規則正しい生活を心がけると共に常に頭皮環境を良好ことを意識することが大切になります。