NO NAME

話題の音楽ネタやこれから活躍するであろうアーティストなどを中心に紹介や考察を行っていくブログ

現役大学生の僕がやっている有意義な暇つぶし5選

大学生といったら人生の夏休みと言われているくらい自分の時間を多く確保できる最高の時期ですよね。

しかし!その時間を与えられた大学生全てが有意義に過ごしているとは限りません。

僕のように時間がありすぎるが故に手もちぶたさになり結果としてその時間を浪費してしまう人も少くないと思います。

そこで今回は時間を有意義に活用するために僕が行なっている有意義な暇つぶしを10選、紹介させていただきます。


目次

1 筋トレする

みなさん、筋トレをするとどのような効果が得られるかご存知ですか?

一般的なイメージとしてはスポーツ選手などが体力、体型の維持や記録向上のために行うこととしてのイメージが根強いと思います。

平凡な大学生が筋トレを始めたからって何か意味があるのか。
と感じる大学生が大半です。現に僕もそうでした。

筋トレをするとどのようなメリットがあるのかはこちらの記事にて詳しく書かれていますので参照してください
kintorecamp.com

2新たな好きなアーティストの発掘

自分の好きなアーティストに出会うきっかけやタイミングは突如して訪れます。

そのタイミングを自分で掴みに行くのか、偶然や受け身で待つのかは様々ですが僕は好きなアーティストは自分から積極的に漁ることをお勧めします。


やり方としては、

➀YouTubeなどの動画投稿サイト駆使し発掘する

➁好きなアーティストのルーツを辿る

自分の好きなアーティストと関連するアーティストと辿っていけば自ずと好みのジャンルに結びつきます。

そしてたどり着く過程にも様々なアーティストの映像を閲覧するかと思います。今まで「名前だけは知っていたけれど音楽までは聞いたことがなかった」というアーティストにも触れるきっかけとなり新たな発見も出来てものすごく自分の幅が広がったのでYouTubeを駆使すべきであると言えます。


自分の好きなアーティストはどんな人たちの影響を受けて今の自分たちのスタイルが確立しているかのバックホーンから新たな発見することが出来ます。

ONE OK ROCKを例にあげるとThe Usedなどといった海外のバンドから強く影響を受けています。

ルーツを辿ることで改めて自分の好きなアーティストも知れ、なおかつ新たな発見もできるといった利点があるため時間を持て余しているときは僕は大体このようにして発掘して楽しんでいます。

3川に行く

日々の大学生活の喧騒から離れてゆっくりしたいとき、あるかと思います。

そんなときは無心で感傷に浸れるような場所が必要ですよね、、

そこでおすすめしたいのは川に行くことです。

整備された安全な河川敷などがあれば川のせせらぎを聴きながら有意義な時間が過ごせ、リフレッシュ出来ます。

また流水の音は人間を癒す効果があるため理に適った行動であると言えます!
www.suntory.co.jp

4読書をする

読書は隙間時間を見つけて断片的に読むよりも、僕はある程度まとめて読みたい派です。

そうなるとある程度まとまった時間の確保が必要になるのです。そこで暇を持て余した大学生の僕はその時間を利用して読書時間を確保しています。

一冊1000円くらいで新しい世界に触れられる読書は
とても大学生に魅力的なコンテンツだと僕は感じています。

学校の図書館をうまく利用したり、最近では電子書籍などもかなり普及しているため定額払えば読み放題といったお得な読書の形もあるのでそちらもおすすめです。

5映画を観る

映画は大体およそ2時間です。

これも読書と同様にまとまった時間で一気に見たいため、
ある程度の時間を確保する必要があります。
まさに暇を持て余した大学生の僕にぴったりのコンテンツなのです。

以前はツタヤなどでまとめて借りて鑑賞していましたが、現在ではとある動画配信サイトを1ヶ月無料体験中で、
その手軽さに感動して本契約する寸前まで来ています。

動画配信サービスでどれを選んでいいか悩んでいる方はこちらの記事で詳しく書かれているので参照ください
vod.entertainment-fan.com

逆にやってはいけないこと

いくら暇だからと言ってもその時間を浪費するのではなく、如何にして有意義に消費できるかというのが大切になります。

SNS漬け

ツイッターやインスタグラムといったSNSを一日中見て他人がどうしているかをいちいち気にして時間を浪費することは何も生産性がないためやめたほうが良いでしょう。