NO NAME

話題の音楽ネタやこれから活躍するであろうアーティストなどを中心に紹介や考察を行っていくブログ

ぼくりりの遺品はあるのか

f:id:f7777777:20190109001035j:plain1月31日を最後に故人となった『ぼくのりりっくのぼうよみ』(以下ぼくりり)

1月29日のライブで華々しく散ったわけですが、これまでの彼を見ているとぼくりりの活動を終わらせるというだけでは終わらなく、
その後に物的何かを残すと思うんですよ。終わった後のことまで計算済み?!


すでにCDとかグッズとかはありますが、、、、ラストライブをもっての終了ということでそれ以降に見つかる物があると思います。
よく死後何ヶ月かして故人の引き出しの奥にヤバイものがあった的な類の話がよくある気がするのですがその感覚です。


遺品

 「通夜、葬式」といったライブのネーミングは日本の伝統的な故人を送る儀式の一つでもあります。そしてアルバム内にも「遺書」というタイトルの曲があったりと一連の死のプロセスを再現していた特徴があります。


そこで「遺品」はあるのかと思いまして、考えた結果ラストライブ「葬式」の模様を収録した映像作品が
「新たな遺品として見つかったので発売します!」
的な感じでアナウンスされて、タイトル「遺品」がぼくりりの遺品として売り出されれば、ぼくりりの一連の流れ的にもマーケティング的にもある意味めちゃめちゃ完結するわけですよ。

ただの炎上商法とか引退商法だけではなくその先にこういったことをすることが、さらなるエンターテイメントとしてよりぼくりりの価値を高めることとなるのではと感じています。


引退してから引退した名前での発売ができるかは定かではありませんが実現したら面白いと思いました。 

盆には復活

 死者は死後、年に一度盆に帰還すると言われており日本人は墓参りをしたりして故人を迎え入れるという風潮がありますよね、そこで思ったのが
「ぼくりり、盆には帰ってくるのでは?!」
という淡い憶測と期待です。いきなりツアーとかやったら面白いですよね、
「ぼくりり、盆踊りtour」的な、、、、
ってことは盆が終わったらまた消えるということになるのでしょうかね、、
ぼくりりは故人になっても尚ポテンシャルが高いと感じました!!


今後の活動予想

 ぼくりりは引退したけどぼくりりを演じていた内側の人はいるのでこれまた面白くなるでしょう。今後本名を明かして活動をするというのは考えにくいですが、新たな名義で何かをするのか、はたまた無名として活動するかは現段階ではわかりませんがいずれも目が離せないことは間違いありません。

1 ゲーマー
彼は無類のゲーム好きでゲーム実況をしたりオンラインで対戦したりとゲーム生活を謳歌する可能性があります。またeスポーツに出場したりするほどゲームスキルが逸脱していたらまた違った路線での活躍が期待できそうですね。
スマブラなどをはじめとするアクション系やぷよぷよなどのシンプルかつ奥が深いゲームなどを楽しんでいる傾向があります。それを職業にするか否かはわかりませんが可能性として考えられそうですね、好きこそ上手くなれ!



2 漫画ディレクター
作詞能力や言葉を選ぶセンスが秀でて、なおかつ想像力も長けている彼はかつて「文學界」にて執筆を依頼されるほどの才能の持ち主です。そして彼は漫画超大好きですが画力のスキルの方は恵まれなかったということで漫画ディレクターになったらめちゃめちゃ面白いのを作ると思うんですよね。王道のギャグ漫画とかじゃなくて邪道でシリアスな文章多い系のやつ、、
彼はキングダムが特に好きであの壮大さに惚れ込んでいるそうです。
曲においての壮大さやスケールの大きさは彼にも持ち合わせているので漫画ディレクターというのは合致すると思います。



3 プロデューサー
これまで多くのアーティストに楽曲提供したりトラックの提供を受けたりと、個人で一人で音楽を作るといったスタンスより共同制作で良いものを生み出していたので今度は自分自身がコンセプトを設けたプロデュース業をするとも考えられるし得意そうです。



4 アパレルブランド
生前、突如として「Rebellion」自主制作、自主販売という形でオリジナルブランドを展開してメルカリで販売するし即完売させるなど、発想力豊かで個性的な衣服をデザインしていました。一枚の服に自身の言葉を筆描きするといった独創性に可能性を感じました。



まとめ

音楽的感性はもちろんそれ以外でもなんでもこなしてしまうそうな、ぼくりり。
現在はSNSでも一切の音沙汰がなく今後どのような形で復活するのかは定かではないですが、今はゆっくり自分の時間を謳歌してほしいですね。
筆者をはじめ、再び彼の活動再開を望んでいる人は多いと思います。
もしもそのような復帰の時がきたらとてもワクワクしますね!
ぼくりりは引退しても作品は残り続けるのでそれまで彼の楽曲を聴いて待つとしましょう。
没落 (初回限定盤 2CD+DVD) [ ぼくのりりっくのぼうよみ ]